くさいおならの原因 オナカのSOSを見逃すな!

いつもおならの臭を気にしていたり、周りからも指摘されることがあって、どうして自分のおならはくさいのか不思議に思われている方が多いのではないでしょうか?同じうんちでも、赤ちゃんのうんちは臭くはありません。なぜでしょうか?それは、おならの臭いが、おなかのなかの腸内細菌の状態を反映していて、赤ちゃんのうんちとくさいうんちはことなるからなのです。ここでは、どうしておならがくさくなるのかということに関して紹介し、どうすればおならの臭いを改善できるかのかについてもご紹介いたします。

いやな臭いの理由

腸内には、さまざまな種類の腸内細菌が住んでいますが、空気中の酸素を好んで増えるタイプの菌は好気性菌と呼ばれ、酸素を利用してとても盛んに活動します。その際に、多くのガス成分を放出するのです。例えば、大腸菌やウェルシ菌などは、悪玉菌の一種で、腐敗臭と呼ばれる、アンモニアや、インドール、スカトール、硫化水素など嫌な臭いをたくさん生産するのです。しかし、例えば赤ちゃんのうんちは善玉菌であるビフィズス菌を非常に多く含むため、悪玉菌が少なく嫌な臭いはありません。ですから、おならが臭い人は悪玉菌が何らかの理由で優勢になっていて、腸内細菌のバランスが非常に良くない状態になっているのです。

おならが臭くなる人

臭いおならの人は、悪玉菌が多いわけですから、悪玉菌がいつも多くなる食生活や生活習慣があるはずです。あるいは、悪玉菌を抑えるための善玉菌の活動が少ない状態にあると考えられます。例えば、お肉や脂肪、油成分を中心にした生活をしている人、お酒ばかり毎日飲んでいる人、運動をあまりしない人は悪玉菌が増える傾向にあります。従って、おならが臭い人は、悪玉菌をなるべく減らすための工夫をすれば良いのです。悪玉菌が多い人は、悪玉菌が好む食事を多くとっている可能性があります。

食事と運動での対応

お肉ばかりの食事は悪玉菌を増やしますので禁物です。もし、お肉を食べる場合には、同じくらいの量の食物繊維を摂るように常に意識しましょう。より、悪玉菌の動きを抑えには、なるべく食物繊維を多く含む食事を摂るように工夫しましょう。食物繊維を多く摂ることで、ビフィズス菌が増え、酸を増やして腸内の環境を酸性にして悪玉菌を減らしたり、酸が腸の動きを活発にして便秘を抑えます。食物繊維は、根菜類、豆類、海藻類、野菜などに多く含まれますので、上手に摂りたいですし。オリゴ糖も食物繊維と同じ働きをします。また、お腹に刺激を与えるためにお腹が動くように、ジョギングや散歩ををするなど、お腹に刺激を与えることを意識しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング