ヤクルトでお馴染み!乳酸菌シロタ株の効果 特徴とは

さまざまな特徴的な乳酸菌が開発されていますが、シロタ株は「ヤクルト」に古くから使われている乳酸菌としてよく知られています。シロタ株に関して様々な、機能性に関する研究が行われ、有用な保健効果が報告されています。ここでは、シロタ株の由来や特徴に関してまとめて紹介いたします。

シロタ株の発見

シロタ株は、京都大学の医学部の微生物学者であった代田稔が、1930年に人の腸に住む乳酸菌として発見した乳酸菌で、胃酸や消化液に強い菌として選ばれ、お腹に届いて、悪玉菌をやっつける菌として使われています。正式名称はLactobacillus casei Shirotaといい、シロタ株は発見者で創始者の一人でもある代田博士の名前から付けられた名前なのです。その後、1935年に「ヤクルト」に使われ発売されました。

シロタ株の働き

シロタ株を用いた人に対する試験で、シロタ株を飲んだ場合には、糞便からシロタ株が回収され、ちゃんとお腹まで届くことが実証されているのです。また、シロタ株を飲んでいる場合は、ビフィズス菌の数が増加することが確かめられています。さらに、ビフィズス菌が増加することで、悪玉菌の代表である大腸菌群が減少する事も示されました。ビフィズス菌の数が、シロタ株を飲むことで約2.5倍に増え、大腸菌群が6分の1に減少したとされています。また、シロタ株を継続的に飲用していると、腸内の有害物質の量が30%程度減少することが示されています。

注目すべき効果

シロタ株のプロバイオティクス(生菌剤)としての効果は、数多く報告されていますが、高い整腸作用や免疫強化作用が最もよく知られています。例えば、免疫賦活作用としては、大腸がんなどの発がんリスクを低下させることが臨床試験で確認されています。また、ウイルスや病原菌や感染症の抑制効果が確認されています。また、近年はアレルギーの改善効果が報告されていますので、花粉症対策には有用な乳酸菌と考えられています。さらに、近年は潰瘍性大腸炎などストレス性の症状に対しても改善効果がヒト試験で確認されています。

 

このように、シロタ株は日本では最も古くから保健効果に関して研究されてきた、プロバイオティクスということができます。現在では、世界中でヤクルトとして発売されており、世界的にもその有用性がよく理解されています。シロタ株の様々な効果の中から、自分にあった効果を理解して利用することが大事ですね。

photo:Marco

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング