【解説】食物繊維で悪玉菌が減る驚きのメカニズムとは

便秘になったり、下痢になったりするのはお腹の中の悪玉菌が増えて、腸内細菌のバランスが悪くなっているからとして、しばしば食物繊維をとることを勧められます。でも、どうして食物繊維が悪玉菌を減らすことに効果があるのか、意外によく知られていません。ここでは、食物繊維がなぜ、悪玉菌の排除に効果があるのかをご紹介いたしましょう。

食物繊維の利用

腸内細菌は菌の種類により、生息する場所が異なります。つまり、空気中の酸素をこのむ菌は好気性菌と呼ばれ、消化管の上部に、空気を嫌う菌は嫌気性菌と呼ばれ消化管下部に住んでいます。悪玉菌と呼ばれる菌は比較的上部にも住み、善玉菌のビフィズス菌は下部に住んでいます。したがって、様々な栄養素を食べても、ビフィズス菌に届く前に他の菌に栄養素が使われてしまい、ビフィズス菌にはあまり届きません。一方、食物繊維やオリゴ糖は、他の菌には利用されずビフィズス菌にまで届きます。ビフィズス菌はいろいろな分解酵素を持っているため、食物繊維を利用して増えることができるのです。ですから、食物繊維はビフィズス菌を増やす因子、すなわちビフィズス因子、とも呼ばれているのです。

善玉菌の役割

善玉菌の一つビフィズス菌は、食物繊維を食べることで、腸内で増えることにより乳酸や酢酸を産生しますので、腸内の環境は酸性側に傾きます。また、ビフィズス菌が乳酸菌を増やすことも報告されていますので、より酸性になるのです。このように、ビフィズス菌や乳酸菌が増えることで、腸内の環境が酸性になるため、悪玉菌は酸に弱く徐々に減少することになるのです。一方、直接、お酢などの酸性食品を食べても体の中では直ぐに中和されるため効果はないのです。このように、食物繊維の摂取が、善玉菌を増やして、腸内を酸性にすることで、悪玉菌を減らすことにつながるのです。

その他の要素

食物繊維以外に、悪玉菌の増殖に影響を与える食餌成分として、肉類などのタンパク質や脂肪分があります。つまり、悪玉菌はこれらの栄養素を好むため、たくさん食べると悪玉菌が増えますので、食物繊維をたくさんとること以外に、肉食スタイルを抑えることでも悪玉菌を減らすことが出来るのです。

悪玉菌が減るメリット

悪玉菌が減ることにより、様々なメリットが出てきます。まず、腐敗産物としてお腹に蓄積される発ガン物質などが減り発ガンのリスクが低下します。さらに、ガスの産生が減り善玉菌が優勢になることで、便秘や下痢が減ってきます。また、免疫機能が正常化しますので、感染症などへの抵抗力が増します。さらに、悪玉菌が作る悪臭成分が減り、おならの臭いや体臭の改善が期待できるのです。

このように、食物繊維の上手な摂取と、タンパク質中心の食事の組み合わせを上手に考えて、バランスの良い腸内環境を作りたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング