悪玉菌が増えると便秘になる理由

【納得】悪玉菌が増えると便秘になる理由

野菜、根菜、豆類、果物などの食物繊維が多く含む食事が少なく、肉類中心の食事や脂肪分の多い食事が続くと、悪玉菌が増えて便秘になりやすいといわれています。つまり、悪玉菌の動きで、腸の動きが悪くなって、便が硬くなったり、ガスが溜まったりしますが、でもどうしてそのようなことになるのでしょうか?悪玉菌と便秘の関係に関して推定されていることを整理してみました。

1. 悪玉菌はどうして増える?

悪玉菌は、蛋白質や脂肪分の多い食事を続けると、それらの食事成分を利用して増えるという性質があります。日本食中心の食事から、ので、欧米食が普及して肉類の多い食事を続けたり、お酒ばかり飲み続けていると、自然に悪玉菌が増えやすくなるのです。逆に、昔ながらの日本食が減って、食物繊維の多い食事が減り、野菜やフルーツの摂取が少ない場合も、食物繊維の摂取が減るために、ビフィズス菌などの有用菌(善玉菌)の数が減って、相対的に、悪玉菌の抑制効果が少なくなる結果、悪玉菌が増えるのです。

2. 悪玉菌が引き起こす便秘とは?

悪玉菌は大腸菌やウェルシ菌など、酸素を利用して活発に活動する性質を持っています。悪玉菌が活発に活動する際にはたくさんの有害ガスを産生します、有毒ガスとしては、アンモニアや硫化水素などがあり、悪臭のもととなっています。ですから、悪玉菌が増えれば増えるほど、悪臭が強くなります。有害菌が産生するガスは、生体に発がんのリスクを高め、腸の動きを妨げたり、便を前に押し出すための力がうまく伝わらず、排便活動の妨げになるのです。

3. 便秘になると何がどうなる?

悪玉菌が増えて便秘が続くと、腸管内に有害なガスや悪臭が蓄積して充満し、お腹が張ってイライラしたり、臭い便が増えたり、大腸からこれらの悪臭物質が吸収されて血液中に入り、全身を循環して皮膚の汗腺から排泄されます。したがって、これらの悪臭は体臭に影響したり、肌荒れの原因になったりもします。

善玉菌の数が少なく、悪玉菌の数が増えた状況では、腸内に有害成分を含むガスが充満することになりますので、ここに整理したように排便自体が難しくなることに加え、これらの有害物質による発がんリスクや体臭への影響などさまざまな悪影響が考えられます。食物繊維をたくさん摂ったり、運動を積極的にするなど善玉菌を増やすための努力をしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング