オリゴ糖で痩せるってホント?オリゴ糖がダイエットにいい理由とは

 糖質ダイエットという考え方が一般的になっている一方で、オリゴ糖がダイエットに良いという考え方がよくいわれています。同じ糖の仲間なのにどうして、ダイエットにマイナスな成分とプラスの成分があるのでしょうか?オリゴ糖の糖分とはカロリーがないのでしょうか?ここでは、オリゴ糖がどうしてダイエットに有用な成分かということをまとめて紹介いたします。

オリゴ糖のカロリー

 オリゴ糖というのは、単糖という糖が一つだけのものが、いくつか結合したものをいいます。食物繊維も同じ仲間で、単糖がさらに長く繋がったものをいいます。ですから、食物繊維を短く分解すれば、オリゴ糖ができることになります。ですから、理屈的には、オリゴ糖も食物繊維も単糖に分解すれば、生体に利用され、カロリーになりますので、栄養素の一つになります。しかし、オリゴ糖として、利用されている食品成分は、消化酵素で分解できないものが多く、生体では吸収して利用できないのです。また腸内細菌が分解すれば、その分解した糖を生体が利用できますが、腸内細菌もほとんどのものがオリゴ糖を利用できないのです。ですから、オリゴ糖は糖の栄養成分としてのカロリーがほとんどないのです。

オリゴ糖のダイエット効果

1)便秘解消

 オリゴ糖は、食物繊維と同じように、ビフィズス菌を選択的に増やすことができますので、ビフィズス菌が生産した、酸が腸内の環境を酸性にして、腸の動きを活発にすることで、便通を活発にします。摂った栄養素を速やかに排泄することで、生体のカロリー摂取自体を抑制する効果があります。

2)糖の吸収抑制

グルコースやショ糖などは、食べた後に、腸から吸収され血液中に移行しますが、食物繊維が一緒に存在すると、グルコースなどの吸収が抑制されるのです。いくつかの食物繊維を用いた製品で血糖値の上昇抑制を実証したものが、特定保健用食品として発売されています。オリゴ糖でも同じような効果が期待されていますので、自分がエネルギーになりにくいばかりか、グルコースなどカロリーの素の吸収自体を抑えるのです。

3)甘味料としての代替

 オリゴ糖の甘味は、砂糖などと比べると半分程度ですので、砂糖に替わってオリゴ糖を使うということは出来ませんが、砂糖などと併用することで、砂糖の使用量そのものを抑えることが出来るのです。その結果、同じ甘味のものでもオリゴ糖を用いることで、全体のカロリーを減らすことが出来るのです。

 

 このように、オリゴ糖は、おなかの動きを高めて排泄を促進したり、ショ糖などの吸収を抑制したり、甘味料としての代替などから、ショ糖の使用量をへらすなど、様々な視点でダイエットにはとても良い成分と考えられているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ランキング