これで納得!オリゴ糖が便秘に効果がある理由

オリゴ糖が便秘に良いという言葉はよく耳にしますが、オリゴ糖とは、どのような成分なのでしょうか?また、どのような特徴があるものなのでしょうか?さらに、どうしてオリゴ糖は、便秘によいのでしょうか?これらのことは、以外によく知られていません。ここでは、改めて、オリゴ糖の特徴や、食べた場合おなかの中でどのように働いて整腸作用をもたらすのかについて、簡単にまとめてみたいと思います。

オリゴ糖とは?

 糖が一つだけのものを単糖といい、例えば、グルコースやフルクトースなどがありますが、そのような単糖が複数連結したものをオリゴ糖なのです。二つ結合したものは特に二糖類といい、ショ糖や麦芽糖などあります。また、糖が三つ、四つともっと多くの糖が結合したものもあります。たくさん結合したものが食物繊維といわれますので、食物繊維を分解して短くしたものも、オリゴ糖ということができます。オリゴ糖は食品成分などに自然に含まれるものもありますし、人工的に合成して利用されているものもあります。

オリゴ糖の特徴

 オリゴ糖は単糖がいくつか連結しただけのものですが、通常オリゴ糖が腸内細菌に与える効果として取り上げられる場合の大事な特徴の一つは、食物繊維とおなじように消化酵素や多くの腸内細菌には分解されないという点です。二つ目の大事な特徴としては、ビフィズス菌には分解され、利用されるということです。ビフィズス菌は、他の腸内細菌に比べて多くの糖の分解酵素をもつため、糖を単糖にまで分解して利用できるのです。ですから、体には利用されずビフィズス菌だけが利用できるため、ビフィズス菌がおなかの中で増えるのです。ですから、ビフィズス因子とも呼ばれています。

普通の糖では効果がないの?

 単糖やショ糖などの二糖類では、生体が吸収してしまったり、多くの腸内細菌が利用してしまうのです。ビフィズス菌は、特に酸素が少ない大腸にしか住まないために、小腸などに住む他の腸内細菌に利用されてしまって、大腸にまでそれらの糖が届かないためビフィズス菌が増えることにならないのです。

よく使われるオリゴ糖とは?

 オリゴ糖は、乳成分、大豆、果汁など様々な食品成分に含まれていますが、その量は比較的少ないため、抽出したものなどがシロップや食品に加工されて、利用されています。さらに、安価なオリゴ糖を得るために、最近では酵素で合成したオリゴ糖がもっぱら利用されています。最近の研究で、母乳には牛乳に比べてオリゴ糖が多く含まれるため、母乳で育った子供にはビフィズス菌が多いのだそうです。

以上のように、オリゴ糖は食物繊維と同じようにビフィズス菌を増やして、酢酸や乳酸の生産を通して悪玉菌を抑えたり、腸の活動を活発にするため、整腸効果を示すのです。

photo:A little sugar in my bowl / kaibara87

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング