NK細胞活性化?注目のR-1乳酸菌の効果 特徴とは

スーパーやコンビニでは、さまざまな乳酸菌がヨーグルトや乳酸菌飲料などとして販売されています。ヨーグルトは一般的にお腹の調子を良くしてくれることで知られていますが、近年アレルギーを抑えたり、ピロリ菌に有効というような、個別の乳酸菌にのみ期待できる独自の保健効果が開発されています。今回は、特にTVで最近取り上げられて大変話題になった、乳酸菌R-1菌について、R-1とはどのようなものか、また、R-1の特徴はどんなものかについて、整理してご紹介いたします。

R-1の特徴とは?

R-1とは、乳酸菌の一種で、正式にはラクトバチルス・ブルガリカス(Lactobacillus bulgaricus)OLL1073R-1といいます。略して、R-1です。ラクトバチルスというのは、棒のような細長い形をした乳酸菌という意味で、乳酸桿菌(かんきん)といいます。過去に、大阪万博で展示されていたヨーグルトを技術導入して、今も販売されているいわゆるブルガリアヨーグルトにつかわれているブルガリア菌と同じ仲間に属しますが、特に、ネバネバ成分である多糖類を菌の外に作り出していることが特徴です。

どういう風に体にいいの?

R-1乳酸菌が作り出すネバネバ成分である多糖類はいわゆる食物繊維と同じ仲間で、体にとって良いと思われる、さまざまな生理効果が調べられました。その結果、ある種の成分に生体の免疫力を高める効果があることがわかったのです。つまり、マクロファージやナチュラルキラー細胞(NK細胞という)と呼ばれる免疫細胞の機能を高めることがわかったのです。ですから、例えば、病原菌やウイルスが体の中に侵入してきた際には、これらの病原菌を排除するように体の免疫力を高めることが出来るのです。

本当に効くの?

実は、60歳以上の高齢者にこのR-1ヨーグルトを毎日飲んでもらった場合、牛乳を飲んだ人たちに場合に比べて、風を引きにくいことが試験によりわかったのです。また、このような試験を通じて、予想したようにNK細胞の活性が高まることが判ったのです。さらに、別な試験では、幼稚園から中学生までの子供にR-1ヨーグルトを冬場に毎日飲んでもらった場合、地域のインフルエンザにかかる率が抑えられたのです。

 

 このように、以前に比べて乳酸菌に個別な特徴的な保健効果が調べられるようになってきました。それぞれの乳酸菌により、その効果は全く異なりますので、ヨーグルトなどを購入する際には、乳酸菌の特徴をよく理解した上で選ぶことが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ランキング